IP-PBX

未来の企業のコミュニケーションを支える
次世代電話システム・音声ソリューション

音声とデータをLANインフラに統合

アプリケーション連携で生産性向上へ

IP-PBXってなに?

インターネット回線を使って電話交換機の機能を提供するシステム

IP-PBXは、「Intenet Protocol Private Branch eXchange」の略で、従来の電話回線等のアナログ・デジタルからフルIPまで対応可能なコミュニケーションサーバです。企業内で構築されたネットワーク上にIP電話機を接続し、内線電話網とLANを統合することで、LAN、電話回線などの配線に伴うコストや、通話料のコストなどを抑えることができます。

他サービスとの連携により、お客様一人一人、またはグループのワークスタイルを変革し、業務の効率化と生産性の向上をもたらすユニファイドコミュニケーション環境を提供します。

IP-PBXの導入効果

ユニファイドコミュニケーション環境

クラウドサービスとの連携により、お客様一人一人、またはグループのワークスタイルを変革し、業務の効率化と生産性の向上をもたらすユニファイドコミュニケーション環境を提供します。
個人と組織の意思疎通や情報共有をスムーズにし、生産性の向上に繋がります。

高画質な
コラボレーション会議

マルチデバイス
コミュニケーション

スマートデバイスとの連携

従来の電話機と同様、スマートデバイス活用によるワークスタイルの変革と共に個人と組織の能力の最大化に貢献できます。
時間や距離を意識する必要がなく、スピーディーで質の高いコミュニケーションが可能になり働き方、仕事の進め方全体を進化させることができます。

スマートフォンで
外出先から内線電話を利用

ナースコール子機として
スマートデバイス
(スマートフォン)を利用

業種に合わせたソリューションが提供可能です

非IP構成も可能な
ピュアIPシステム

システム構成の
シンプル化

UCを支えるシステム

簡単セットアップ

オンプレミスPBXとクラウドPBXの違い

ざっくりいうと、オフィス内に「主装置」と呼ばれる機器があるかないかの違いになります。

細かな違いについては以下の表をご参考ください。

オンプレミスPBX クラウドPBX
音質
電話を使用するため安定

電話網経由の構成で利用すればオンプレミスと同等
導入スピード
主装置設置が必要のため、導入に時間がかかる

主装置設置が不要のため、導入スピードが速い
初期費用
主装置の購入・設置費用がかかる

思っていたよりも初期設定費用がかかったという声も多い
ランニングコスト
保守・メンテナンス費用がかかる

基本料金を含めると高額/長期間、使用すると割高な場合がある
電話機能
電話機能が豊富
自社にあわせたきめ細かい運用ができる

オンプレミスより機能に幅がない
従来と同じ電話番号を利用できない場合がある
セキュリティ
自社保有、自社運用できるので高セキュリティ

独自OSを利用したシステムの場合は高セキュリティ
カスタマイズ性
自社用にカスタマイズが得意

自由なカスタマイズは不得意
変化への対応
都度システムの設定変更が必要

利用者の追加や変更が簡単
障害対策
非IPの電話機を採用するなど様々な対策がとれる

サバイバル構成や電話網直結を利用すれば対策がとれる
BCP対策
オンプレミスの自社設備は、建物の設備・強度や地域に依存する

自社内で完結していないため、サービス提供者など外部要因の影響を受ける

NDKは40年以上、3,500社以上にわたる企業向け電話システム導入・運用のナレッジとサービスが活かされており、お客様のDX実現に向けて最適な構築を支援いたします。

CONTACT

資料請求・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

上部へスクロール